« 体が資本 | トップページ | 相撲 »

2010年6月21日 (月)

週明け雑感

金曜日は、朝の2便で東京へ。午後から市ヶ谷の公認会計士協会で、社会福祉法人専門部会に出席。

私の非営利法人委員の役も、今月いっぱいで3年の任期が満了する。

引き受けた当初は、なんだかめんどくさいものを引き受けたなあ、という思いだったが、実に勉強になった。

委員会終了後、羽田空港に向う途中で、淡路町の先輩税理士の事務所を訪ねた。大学時代からの同期も一緒に開業していて、しばし談笑。

旧交を温めた。

-------------------

【週明け雑感】

相撲に政治にW杯にと、話題に事欠かない。

 

相撲は、本丸は「相撲賭博」であり、野球賭博はその足掛かりだろう。

昔から話題になっている八百長相撲に本格的にメスが入るかが一つの争点。

それをさせないために、野球賭博で尻尾を切らせようというのが、協会の狙いと思われる。

もう一つは、暴力団の壊滅に向けて警察がいよいよ動き出したという点。

 

政治については、やはり増税路線に異論が噴出してきた。

不景気のさなかに増税というのは、理屈としても間違っているし、それで財政再建ができるわけでもない。

菅首相は、財務省に媚びを売るだけではダメだと思う。

 

W杯。何とか、日本に一次リーグを突破してもらいたい。

次のデンマーク戦は、午前3時半キックオフ。ちょっと見られないな。

目覚めて朝のニュースで結果を知ることになるだろう。

オランダ戦のような気合十分の戦いが出来れば、予選突破は可能と思う。

4年に一度のお祭り。

他の国の戦いも楽しみたい。

|

« 体が資本 | トップページ | 相撲 »

コメント

相撲賭博、さすがですね。全く頭が回らなかった。伊木さんの発想力は勉強になります。しかし、国技かもしれないが、世間は相撲界のレベルをどのように思っているのだろう。私はやっぱり、だわなとしか思わない。

投稿: 会社員 | 2010年6月21日 (月) 17時13分

例えば琴光喜は鳥取城北高校時代から、ある意味で相撲しかやってこなかったわけで、世間を知らずに育ったわけです。
他にもそういう力士がたくさんいて、本当なら正しく導く指導者が必要だったのでしょうが、協会そのものがヤクザの金ズルになっていたということで、気の毒に思っています。

投稿: 伊木隆司 | 2010年6月22日 (火) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体が資本 | トップページ | 相撲 »