« 参議院選挙 風の行方 | トップページ | 普天間第二ラウンド »

2010年5月14日 (金)

会社次第!?

昨日は、鳥取市内の法人にて会計監査の仕事。

-----------------

【会社次第!?】

鳥取からの帰り道、前を走っているトラックの後ろに、「最大積載量 2000kg」という表示があり、ふと、その横に目をやると、「最大積載量 会社次第」というステッカーが貼ってあった。

もちろんギャグのステッカーなんだろうけど、仕事の帰り、退屈なドライブになっているところ、「まあ、その通りかもしれないな」と、おもわず苦笑してしまった。

過積載というのは、違法であり、安全にも支障が出かねないということで、取り締まりの対象になるわけだが、1台のトラックにできるだけ多くの荷物を運んだ方が、利益率が上がるのもまた事実。

違法を覚悟で利益率を上げるか、それとも法律を守って安全にいくか、それはまさに会社の経営方針次第なのだろう。

だからといって、それを率直にステッカーにするところが面白い。

それで思い出したのだが、過積載が減ると、トラック販売会社のサービス工場が暇になると、その筋の人から聞いたことがある。

過積載してくれると、車両の痛みも早いというわけだ。

ところで、話は変わるが、自家用車の後ろに「赤ちゃんが乗ってます」というワッペンみたいなのを貼っている車を見受けるが、あれは意味があるのだろうか。

「だから、何?」という感はぬぐえない。

赤ちゃんが乗っていようがいまいが、追突しないよう、安全運転するのが普通だろう。

なぜなら、追突すると、ほぼ間違いないく、過失割合は10対ゼロで追突した側に非があるからだ。

それに対して、もみじマークは意味があると思う。あのマークをみると、ゆっくりすぎる運転で、後ろに渋滞ができていても、「まあ仕方ないな」と思えるからだ。

道路を走っていると、いろんな光景をみかけるものだ。

|

« 参議院選挙 風の行方 | トップページ | 普天間第二ラウンド »

コメント

ステッカーは面白いと言う次元ではない。ブラックジョークとは言えない。事故等命にかかわることである。トラック会社の企業レベルが表れている。財務内容も悪いに違いない。と私は思いますよ。

投稿: 会社員 | 2010年5月14日 (金) 14時13分

それも含めて「会社次第」ということだと思います。
本当に過積載してれば、それはイカンでしょうけど、ステッカーは、立場の弱いドライバーさんの会社に対する皮肉たっぷりだと思い、「苦笑」した次第です。

投稿: 伊木隆司 | 2010年5月14日 (金) 16時37分

随分前の記事に対するコメントで申し訳ありません。
「赤ちゃん乗ってます」というステッカーは実は意味のあるものなのです。

欧米(ドイツだったと思うのですが、記憶が曖昧ですみません)で家族が乗った自動車が事故に巻き込まれました。子どもも乗っていたのですが、事故の衝撃の際、座席から飛び出してしまいました。車体と座席の隙間に入り込んでしまったのでしょう。事故によって、車は変形してしまい、救助にあたった人に発見されなかったそうです。一命を取り留めた両親が同乗していた子どものことを周囲の人に尋ねるまで、誰も子どもの存在に気づかず、残念なことに子どもは亡くなってしまいました。
この事故後、事故にあったときに子どもを捜してもらえるように「赤ちゃん乗ってます」ステッカーを貼るようになったのだということです。

今はチャイルドシートの安全性が高くなっているのでこういったことが起きる可能性は低いとは思いますが、ご子息のためにつけてみてはいかがですか?

投稿: とく | 2010年8月26日 (木) 14時21分

なるほど。
それは知らなかったです。
単に追突や無用なクラクションをしないで、ということかと思っていました。

そういう出来事があったのですね。
勉強になりました。

投稿: 伊木隆司 | 2010年8月26日 (木) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参議院選挙 風の行方 | トップページ | 普天間第二ラウンド »