« スギハラ・ダラー | トップページ | 来たときよりも美しく »

2010年4月28日 (水)

大志を抱く

昨日は、午前中に顧問先を3軒訪問。昼から、商工会議所青年部の委員会。

終わってから事務所に戻って、3月決算法人の税務申告書等の作成。

-------------------

【大志を抱く】

最近の若い世代は、車や旅行など、ちょっと前の若い世代が欲していた物欲がないという。

「若者」と一口にいっても、いろんな若者がいるわけだから、すべてがそうだとは思わないが、総じてそういう傾向があるという。

若い世代に限らないが、人間は何らかの欲求を持っていないと、行動力が生まれない。

欲求を満たすためには、結局のところしっかり仕事してお金を稼いでいかないといけないわけだが、こうした行動の源泉が、欲求にある。

その欲求が若い世代に無くなってきているというから、それはおそらく地域や国の衰退につながることになるだろう。

「少年よ、大志を抱け」とは、北海道大学を設立したクラーク博士の有名な言葉だが、改めてこの言葉の意味を考えてみると、博士は大事ことを言っていたのだとわかる。

「大きな志(こころざし)を持て」と解釈しても良いのだが、それでもちょっとピンとこない場合があろう。

直接的には、「大きな欲求を持て」ということになるのだと思う。

ただし、単なる欲求だと、それは犯罪にもつながる可能性もあるから、正しい道に通じる「志」でなければいけないということだ。

いい車に乗りたい、いい家に住みたいなどの、欲求があって、それを満たすためにしっかり勉強して働くという循環を起こすことが大事だということだ。

なんだか、当たり前のことを書いているようだが、「最近の若い世代は欲求がない」という話をよく聞くものだから、そのことを改めて考えてみた次第である。

|

« スギハラ・ダラー | トップページ | 来たときよりも美しく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スギハラ・ダラー | トップページ | 来たときよりも美しく »