« 資源エネルギー分野がおもしろい | トップページ | どこにでもある天然ガス »

2010年3月15日 (月)

ファミリーコンサート

金曜日は、確定申告作業。最終日の今日を残して、作業は完了した。

すぐに1月決算法人の税務申告書の作成にとりかかった。

-------------------

【ファミリーコンサート】

土曜日は、NHKおかあさんといっしょのライブ(ファミリーコンサート)を見に、福山市まで行ってきた。

このチケットがなかなか取りにくく、昨年、松江で開催されたときは、あえなく抽選に漏れた。

福山で開催されるとあって、「(どうせ当たらないだろう)」と、ダメもとで申し込んだところ、なんと当たってしまい、私としては仕方なく福山まで連れて行くことになった。

それにしても、NHKの子供番組はうまくできていると思う。

乳児のころは、「いないいないばあ」という番組があって、乳児はこれにハマる。

長男が小さいころは、これをDVDに録画しておいて、手がかけられないときは、これを再生しておけば、テレビにくぎ付けになる。

少し年齢が大きくなると、「おかあさんといっしょ」がある。これも歌のお兄さん、お姉さんと、特徴的なキャラクターが子供を釘付けにする。

ファミリーコンサートは、そのコンサートホール版であって、これも後日、NHKの教育テレビで放映される。

Dsc02026_2 写真は、会場だった福山リーデンローズの中で撮った写真。このキャラクターの前にも行列ができていて、写真を撮るのに並ばなければいけなかった。

ライブは、午後2時半から開始で、次男にとっては、ちょうど昼寝の時間。開始の30分前までなんとか起きていたが、15分前になると、持たずに寝てしまった。

それでも始まってから10分ほどで目が覚め、目の前の光景にしばらく茫然としていたが、少しして、ようやく何が起きているかわかったようで、最後はとても喜んでいた。

長男は、歌のお兄さん、お姉さんの振り付けに合わせて、何とか踊れるようになってきた。これも一つの成長だ。

それにしても、「おかあさんといっしょ」は、よくできていると思う。歌のお姉さんやお兄さんも、歌や踊りは上手だし、子供の心をつかむコツを知っている。

キャラクターもそれぞれ個性が設定してあって、子供心に響く仕掛けがしてある。

昔からあった番組で、中身に変化はあるものの、子供とおかあさんの心を掴むノウハウは本当によくできていると感心する。

|

« 資源エネルギー分野がおもしろい | トップページ | どこにでもある天然ガス »

コメント

うちも行ったよ松江と鳥取に。
しかも松江の時は、プレミア付きチケットを高値で買って...。

懐かしいな〜。

投稿: 某市議会議員 | 2010年3月15日 (月) 17時29分

なるほど、山陰にもときどき来てるんですね。
確かに、プレミアが付きそうなくらい倍率高いです。

プレミア付きそうなチケットをゲットして、2時間半かけて福山にいって、それでも次男は昼寝してしまったので、ほんとに「親の心、子知らず」だと思いましたよ。

投稿: 伊木隆司 | 2010年3月15日 (月) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 資源エネルギー分野がおもしろい | トップページ | どこにでもある天然ガス »