« アジアは“内需”か!? | トップページ | 「得」と「徳」 »

2009年12月16日 (水)

大きな流れ

昨日は、午後にご来客が2件あった他は、事務所で調査事案の片付けなど。

---------------------

【大きな流れを読む】

最近の鳩山政権をめぐるニュースを見ていて、背景にある大きな流れを推察すると、やはり、キーワードは「アジアシフト」で間違いないと思う。

鳩山政権が、異様なまでにアメリカに対し冷たい態度をとり、中国をはじめとするアジア諸国には友好的な態度で接しているのはその象徴的なシーンだろう。

今まで日本は、アメリカに従属することで様々な国益を得てきたが、そのアメリカが金融危機やたび重なる戦争で力を落としているので、ここで国益を求める相手先をアジアにシフトする一連の流れが、政権交代以降の民主党の動きなのだろう。

しかし、そうなると今までアメリカとべったりすることで利益を得て来た勢力が干されることになりかねない。

そこで、アジア重視の姿勢を見せる鳩山政権に、様々なスキャンダルや政治的な攻撃を浴びせているのが、今の状況なのだろう。

天皇陛下の政治利用の問題についても、小沢氏の発言が度を超えて、明らかに問題だというのは間違いないとしても、この問題は、親米派の勢力に民主党がハメられた可能性が高い。

普天間基地の問題もそうだ。「アメリカが怒っている」みたいな報道をするのは、従来からの親米派のマスコミであって、本当のところ、日本から撤退しても良いと思っているアメリカ政府の意志はほとんど報じられることはない。

アメリカの威を借りて、日本国内を統治する手法は、戦後の日本政府がとってきた常套手段であり、それを今でもやっているということだ。

しかし、大きな流れはアジアシフトであり、実はアメリカ政府の中でもこの流れに乗りたいと思っている勢力がいて、その点で、今の日本で流れているニュースの大勢は、この流れに抗う動きともとれる。

ニュースを無批判に見ていると、つい、ニュースの論調に乗ってしまう。大きな流れを見失わないことが大切だと思う。

|

« アジアは“内需”か!? | トップページ | 「得」と「徳」 »

コメント

社民党の福島瑞穂が普天間基地のグアム又は硫黄島への移転を主張しているのは日本のためとは考えられない。
福島瑞穂が決して語ることのない真の意図は、祖国・北朝鮮から遠くへ米軍を移し、祖国への軍事的な脅威を無くすことである。
北朝鮮とグアムの距離は、普天間との距離の2倍以上ある。
鳩山政権は連立なしでは、参議院で過半数を取れないという弱みに付け込んでいる。
鳩山政権とオバマ政権の間に亀裂が入っており、彼女は小躍りして喜んでいるだろう。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権、生まない選択(少子化担当と矛盾)など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。

投稿: 福島瑞穂の隠された意図 | 2009年12月16日 (水) 10時54分

鳩山由紀夫と小沢一郎がいかに言い訳を言おうとも、民主党が宮内庁に命令をして政治に天皇を利用した悪事は民主党の暗黒史の1ページとして残る。
小沢一郎が選挙目的で選びそして選挙活動の仕方(辻立ち1日50回など)を教授された、守銭奴・福田衣里子、元キャバクラ嬢・太田和美、元風俗ライター・田中美絵子などを始めとする大量の小沢ガールズを当選させて政権交代しただけでなく、小沢派は民主党の圧倒的な最大派閥となった。
守銭奴・福田衣里子は、補償金名目で国から金を取り、製薬会社からも金を取り、議員として議員報酬を取る守銭奴なのだろう。
小沢には守銭奴・福田衣里子も利用の対象である。
小沢一郎は来年1月召集の通常国会に外国人に参政権を与える法案を提出し成立させると12日に祖国の韓国で語った。
そして在日等を連合と共に民主党の支持母体にすると同時に、在日等が日本を支配する条件を作り出す一歩を踏み出すこととなる。

投稿: 小沢一郎の謀略 | 2009年12月16日 (水) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジアは“内需”か!? | トップページ | 「得」と「徳」 »