« 混乱の予兆 | トップページ | 困難を乗り越えて »

2009年11月 5日 (木)

夫婦別姓

昨日は、午前中から午後にかけて、監査委員の仕事で西部総合事務所へ。夕方は、所用で松江市内へ。

------------------

【夫婦別姓】

今度の法務大臣は、夫婦別姓を実現しようとしているらしい。

なるほど「選択制」にすれば、選択するのもしないのも個人の自由となるので、不都合はないということらしい。

そうなると、別姓を選択した場合の問題とか、そういうものもすべて、個人の自由ということになるだろう。自分にとって何が正しい選択なのか、しっかり考える必要があるということだ。

ちなみに私は夫婦は同姓の方が良いと思っている。何より、家族に対する一体感と責任感が持てることが良い。

「自分がしっかりしなければ」という気持ちが、仕事に、家庭に、あらゆる面で自分のバイタリティの源になっていることは否定できない。

もし、妻が自分と違う姓だったら、今と同じレベルの責任感を持つことができるだろうか。必ずしも自信があるわけではない。

苗字を変えてまで、自分についてきてくれた妻に対する責任というものは、普段から何気なく感じているものだと思っている。

夫婦別姓を主張する女性運動家たちは、きっと強い女性たちなのだろう。千葉法務大臣は弁護士だという。きっと誰の助けを借りなくても、一人で自活できるのだと思う。

すでに別姓を選択して、事実婚の形をとっている福島大臣も、弁護士であり、2億5千万円もの預金をため込み、老後の心配など一切ない女性である。

そういう女性が考える女性の地位向上は、だいたいにして理想がすぎると感じる。

社会生活を送る上で、結婚によって女性の姓が変わる不便さを解消し、女性の社会的地位を向上させようというが、言い換えると、すべての女性が自立して、自分で高収入を得て、老後の心配をしなくていいようにしなさいと言っているようなものだ。

もちろん、これができる女性もいるから、こうした主張が決して間違いだとは思わない。しかし、そうでない女性もたくさんいることに、強い女性は気がついていないように思う。

気づいていないだけならまだ良いが、決して自分は強くないのに、自分も強い女性たちと同じように、理想のキャリアライフを送れると思ってる女性も多い。

こういう女性は20代のうちは、若いというだけでチヤホヤされるからまだ良いが、30代になって、同僚との競争の中で本当の実力勝負の段階になると、疲れきってしまって、「自分の人生、これで良いのか」と思い始める。

男が一生かけても、成し遂げられないキャリアがたくさんある。男女同権なら、女性にとっても同じくらい仕事とは厳しい世界である。

しかし、女性には子供を産み育てるという、男には絶対できない仕事もある。それを「逃げ」と思っている気の毒な女性も多い。

夫婦別姓が始まったら、たとえ選択制とはいえ、自分で自分の幸せの形をきちんと考えておかないと、道を間違うことになる。強い女性たちの、強い理想の主張に、決して負けないように生きる必要が出てくる。

夫婦同姓を選択した女性は、「男に媚びた生き方だ」などと、フェミニストたちに強烈な言葉を浴びせられても、それが明らかに間違った批判であると、同じくらいしっかり主張して生きていかないと、自分の生き方に自信がなくなってしまうことになるかもしれない。

今まで、当たり前のように夫婦が同姓だったことに、主として男たちが、十分な自覚がなかったことが、問題だったかもしれない。

現代は、何でも新しい考え方が良い考え方だと思われる時代。古い価値観を守ろうとする人間には、「古い人間」のレッテルがすぐに貼られてしまう。

しかい、そうであってもこの議論、もう少し慎重に賛否両論を並べてみるべきだろう。

|

« 混乱の予兆 | トップページ | 困難を乗り越えて »

コメント

こんにちは!
いつも楽しく拝見しています。
私も女性ですが、「男女平等」やら「男女共同参画」やらを声高に唱える女性にはどうも嫌悪感をおぼえてしまします…(--;)
確かに、男性に比べて働きにくい世の中ではありますが、どうあっても男性と同じように働かなくては…などと女性の権利ばかり主張し、子育てをおろそかにしてしまうのもどうなのかと思ってしまいます。
そればかりか、夫婦別姓って…。
それよりも、子供と向き合うことで得られる喜びってあると思うんですよね。夫婦で家族で一体となって、それぞれの役割を全うして支え合っていけば、何も権利ばかり主張する必要もないような気がします。

投稿: 某事務員さん | 2009年11月 5日 (木) 12時51分

そういう女性の声を聞くと、少しほっとします。
まったく同感でして、やっぱり協力し合って、役割分担して、というのが大切だと思います。

子供と向き合うことで得られる喜びは大きいと、私も思います。外でお金を稼ぐことも大事だけど、子育てというのは、社会の中でとても大事な仕事だと思っています。


投稿: 伊木隆司 | 2009年11月 5日 (木) 17時48分

全く同感です。夫婦愛を何と考えているかと知識のみ左脳人間の政治家等には嫌悪感を抱きます。夫婦愛に必要なのは、相手を思う心であります。自己犠牲を払ってでも守りたい人がいる、素晴らしいことではないか、確かに生きている証ではないか。我が国は個人・自分の自由・主張を美とする悲しい国家に築いたらなっておりました。夫婦別姓などと言うことが、真剣に議論されることに悲しさ・寂しさを覚えます。神が授けてくださった性別、男、女どちらとも甲乙付け難い素晴らしさを保有しているのです。そして互いの相違点を埋め合うために愛し合うのではないでしょうか。偉い方々には心を磨いて欲しいものです。

投稿: | 2009年11月 5日 (木) 21時59分

コメントをありがとうございます。
確かに、男女同権を声高に叫ぶ人は、左脳的というか、頭でっかちな議論を好みますね。
そして、そうした議論に普通の感覚の人は圧倒されてしまいがちです。
みんな、感覚的になんだかおかしいなと思いながら、十分な議論がなされないまま、仕組みだけがどんどん進んでいくことのないよう、願いたいところです。

投稿: 伊木隆司 | 2009年11月 5日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 混乱の予兆 | トップページ | 困難を乗り越えて »