« 事業仕分け | トップページ | 米子駅南北一体化 »

2009年11月11日 (水)

日本の意図

昨日は、監査委員の仕事で鳥取市へ。市内の外郭団体を訪問。

-----------------------

【日本の意図】

いろいろな事件が、偶然なのか、それとも意図的なのかわからないが、重なっている。

国会が始まって、今後の日本の進路を決める様々な重要法案が審議されているというのに、のりピー事件や、詐欺&殺人事件(千葉と鳥取)、残虐殺人事件(島根)などが重なって、法案の中身を知る機会が限られる状況が続いている。

鳥取の連続不審死事件について、私は報道が始まる以前から、県警が何かの事件で忙しくしているという話を漏れ聞いていた。それが何かはわからなかったが、後で報道を聞いてわかった。

マスコミへの公表のタイミングがコントロールされたかどうかはわからないが、とにかく国会の動きや、間近に迫った日米首脳会談の行く末は、関心が高いはずだが、一面では報じられない。

このタイミングで、北朝鮮軍がまたもや暴発し、韓国軍と交戦したそうだ。日米首脳会談を前にして、なんだか日本をアシストしてくれているようだ。

「北朝鮮は日本の傀儡政権である」という私の仮説は、ここでも生きてくる。何と言っても、「日本に成る」と書いて、金日成。「正しい日本」と書いて、金正日。その長男・ジョンナムは、正男(まさお)と書く。日本そのものやがな。

まあ、それは良いのだが、アメリカが中国への関心を強め、中国との関係強化に走っている状況で、日本はそうした動きを阻止しようとする意図があるのだろう。

G20は、あまりに人数が多く、実質的なことがなかなか決められないというジレンマがあり、、「G2」といって、アメリカと中国だけで世界の秩序を決めていこうという動きもあるようだ。

いずれにしても、日本がこうした世界体制から外されようとしている中、アメリカに対して精一杯の抵抗をしているのが、今の日本の状況だろう。

藤井財務大臣は、G20の会合を欠席し、APECも欠席する予定だそうだ。要するに、日本はG20を無視していて、アメリカの影響力の強いAPECにも関心がないということなのだ。

基地問題で、アメリカを揺さぶりながら、アメリカの譲歩を引き出す目算があるのだろう。

そんな中で起きた、北朝鮮の暴発だから、日本としては、これを材料視することも可能となり、「東アジアの安定のため」といって、アメリカのこの地域の関与をつなぎとめたりすることも可能となった。

いろいろ問題は指摘されているが、総じて言えば、日本の外交はよくやっているのではないだろうか。

ただ、そのいろいろな問題から国民の目をそらしておきたい意図があるのかどうか。そのあたりはわからないが、何か重要な時期に差し迫っているような予感がするのである。

|

« 事業仕分け | トップページ | 米子駅南北一体化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事業仕分け | トップページ | 米子駅南北一体化 »