« 最近の政治 | トップページ | 天皇の金塊 »

2008年8月11日 (月)

スタンダードで負ける日本

金曜日は午前中に顧問先を訪問。午後からは事務所で調べ物や書類整理。

8日に北京五輪が開幕した。

開催すら危ぶむ見方もあったし、あるいは日本と近い場所での開催ということも影響してか、なんとなくオリンピックという実感がわかないない。

しかし、着実に勝敗の結果が出始めると、だんだんオリンピックの実感もわいてきた。

日本勢はここまで苦戦を強いられているといってもよいだろう。

なでしこ、三宅、反町ジャパン、柳本ジャパン、やわらちゃん、平岡、などなど思うような結果が出せなかった選手、チームがすでに続出している。

特に柔道女子の谷亮子に関しては、納得のいかない負け方だった。

だいたい「指導」ってなんだと思う。ああいう判断にあいまいさと裁量を残すような判定で勝敗が決まってしまうのはいかがなものかと思う。

新聞などには、「ありうる判定」なんていうわかったようなわからないような解説が載るが、素人にはわからない。

もちろん逆もあった。中村美里は2回戦あたりで、技の「かけ逃げ」なんていう、これまたわかりにくい判定で勝利した。

解説の山口氏は「めったにないこと」と話していた。プロでも予想できない判定だったということだ。

日本柔道はいまや完全に世界的な競技となったが、そのルールの決定にもはや日本の影響力はなくなったようだ。

そして、代わってヨーロッパ人がルールを作るようになった。ご存じのとおり、彼らはスタンダード作りの名人といっていい。

例えば、ビジネスしている人なら聞いたことがあると思うが、「ISO」なんていう品質や環境基準なんかもヨーロッパ人が作って世界に広めた。

「これがないと取引しません」などと言って、ありがたみが出るように細工しながらフィーを取っていった。

彼らはルールが結果に与える影響の重要性を熟知している。

スピード社の水着もそうだ。表面に加工を施すことの是非を日本勢は判断しきれなかった。技術の差ではない、スタンダードを操る知恵の差といっていい。

サッカーなんかも、まじめに観ているとだまされることがある。審判の判定には裁量があり、人によってルールが変わる。

ブラジル人やアルゼンチン人が得意とする、ゴール前でずっこける演技も「シュミレーション」というルールを作って封じた。

これが悪用されて、本当に倒されてもシュミレーションを取られる例が出ているようだ。

アジアの中でも中国や韓国は比較的そういう対策はできているほうで、巧みに協会に幹部を送り込んだりするが、圧巻は日韓共催のW杯での韓国ーイタリア戦。

トッティへのファールを逆にシュミレーションと判定し、退場に追いやり、ベスト4進出を決めた。

これくらいのしたたかさが日本にはほしいのだが、一本とる柔道にこだわる日本は国際スタンダードに乗り遅れた感は否めない。

柔道は完全にスポーツと化し、技もさることながら、ルールへの理解が非常に重要なスポーツになった。

だからと言って一本にこだわる柔道家、たとえば井上康生などは決して間違っているとは思わない。

同じアジアの北朝鮮なんかは、やはり一本を狙いに来る柔道をしてくる。

内柴のように一本を狙い続けて本当にそれで勝つのだから、すばらしいとしか言いようがない。

谷亮子の敗戦の苦い思いを吹き飛ばしてくれた。

北京五輪は始まったばかり。しばし、楽しみたいと思う。

|

« 最近の政治 | トップページ | 天皇の金塊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の政治 | トップページ | 天皇の金塊 »